お問合せはこちら

プリンターメーカーとしては自分たちのところでだしている純正品を使用していてトラブルが起きたならメンテナンスをするのも当たり前だろうが、他のメーカーが再利用したリサイクルトナーとなると、100パーセント自分のところもプリンターが原因とは言い難くなる。また、今後純正品を使用してくださいと注意を受けることになるかもしれない。
プリンターメーカーとしては、修理が多くなると、自分のところのプリンターの評判が落ちたということにナーバスになり、余計リサイクルトナーの普及を問題視する。リサイクルトナーが簡単に使用できないようにプリンター自体に部品などを取り付けるような工夫もしたりする。だがそれはやはり環境を考えるとリサイクルできないプリンターは現代のニーズにそぐわない。
リサイクルトナー市場も変化が多く、それに伴い品質も上がりました。昔より全般的にサイクルトナーの価格は下落しました。過渡期裏面でも困難に直面していることがリサイクルトナー製造業者です。
 現在の傾向は サイクルトナーも安い価格ばかりではないらしいです。
あまりにも乱立されたリサイクルトナー製造業者はもちろんこれだけ無条件で勝手に作って最低価格という大々的な広告のおかげで売り上げは向上したかも知れないが、消費者に対する品質に対する認証は受けることが出来ない状態です。安くて低級なリサイクルトナーを何度か使用してみられてはどうか?"リサイクルトナーは品質がよくなくて、正規商品を使っています"という話を聞くこともよくあります。 境にやさしくて、質の良いリサイクルトナーの購入をお勧めします。

サイクルトナーを選択される時、考慮されなければならない事項、リサイクルトナーの重要視されるポイントは以下の点です。
1、品質
2、販売基盤およびa/s可能の有無
3、製造する会社のノウハウおよび持続および永続性

上記がある程度の体系が取りそろった工場で正常な方法で再生したリサイクルトナー製品を探されるならば使用していて問題の少ない合理的なリサイクルトナー製品を使用することができます。
市場にでまわったリサイクルトナーは山ほどあります。その中で品質が良い物を探さないと、手間と時間の無駄になってしまい、リサイクルトナーの意味はなくなります。
そして折角環境保護の為に国が推進していても、いいイメージは残りません。安易に安いからと言って購入するのではなく、良いと言われるメーカーのものを購入したほうが賢明です。

 境にやさしくて、質の良いリサイクルトナーの購入をお勧めします。

pickup

2017/1/13 更新