お問合せはこちら

天然資源が殆どない国が資源をリサイクルした再生・リサイクルトナー製品の技術開発および消費促進が成り立たないならば、資源の転換、およびリサイクル技術の輸入国に転換するしかないのではないか?資源のない国は何を武器にして世界と対等にできるのか?プリンターメーカーが国内でほとんど繁栄していない韓国では、リサイクルトナーは100パーセント輸入に頼っている。アメリカや日本から輸入して、現代のプリンター普及率の増加から、その分外貨をつかい、使い捨てとなってしまう、トナーを自国で産業廃棄物として処理しなければならない。
ならば、自国でリサイクルする技術をもって対応していくしかないのだ。リサイクルトナーの技術に関してはたけていて、それを発展させ、逆に輸出できれば、環境と、次に外貨を稼ぐ意味で多きな影響をもたらす。
この様な発想の転換をしていかねばいけないと思う。

80年代にはカートリッジを磨いてリサイクルトナー製品ということで稼働し始めたL.B.P(Laser Bim Printer)トナーカートリッジリサイクル業は、IMFの開始と同時に爆発的なサイクルトナーの需要増加で業界の一大変革期を迎えることになった。
したがってリサイクルトナーに対する消費者の認識が広がって再生・リサイクルトナー、カートリッジに対する消費者の選好度が高まり始めることに意味深い再生・リサイクルトナー、カートリッジ生産業者らは高額の設備を投資してリサイクルトナーを正規商品と似た水準で製品の質を高めて品質対応80%以上,価格帯費50%の適正水準を維持してきました。
しかし大部分の零細企業等の不備な再生設備と技術力不足とリサイクルトナーの品質の劣化で製品の質的な下落はもちろん、消費者の再生・リサイクルトナーに対する認識低下とともにリサイクルトナー、カートリッジ価格の市場混乱を加重させる要素が作用しています。

これに資本力と技術力が遅れをとる再生・リサイクルトナー製品の製造業者らを窮地で追い立ててこれらが抱いている問題を解決できる方案を提示して、明確な事業計画で小さいリサイクル産業の発展を大きく国家懸案問題の資源のリサイクルと環境改善および国家経済発展にも尽くそうとリサイクルトナー、カートリッジの開発・リサイクルトナー生産および普及拡大のための政策、および開発促進のため 技術・情報収集・研究および交流の活性化してサイクルトナー新製品および技術開発を通じて優秀なリサイクルトナー、カートリッジの使用拡大を促進して、環境保全に尽くしていくことが、真の環境配慮と言えるのではないでしょうか?

リサイクルトナーを製造するメーカーは、自分たちの仕事に誇りをもって、いい物を作れるよう努力をおしまないで欲しい。このようにリサイクルトナーの発展が国の発展に大きく影響する事がはっきりしている。質のいいリサイクルトナーを開発して、さらに世界的に信頼のおける製品であれば、純正のトナーにとって代わることは間違いないだろう。

注目サイト

話題の化粧品モニター
https://www.gettys.jp/products/list.php?category_id=10

最終更新日:2016/9/1