お問合せはこちら

現在の国内リサイクルトナー市場規模はプリンタ製造会社、輸入製品消耗品対応約30%内外でリサイクルトナーが一般化された国家に比べてだいぶ低調な状況です。これはプリンタ製造会社らが自社製品の販売目的のために消費者らにいったいトナーカートリッジやリフィルインク,再生インク, リサイクルトナーなどを使う場合プリンタの故障を招くこともあります。この場合プリンタA/S時、不利益を受けることができるというなど一般消費者らの不安心理を刺激する威嚇的な文句を利用して自社製品の使用を積極的に誘導しているためと分析されます。プリンターが故障するくらいならリサイクルトナーを使用する事はしないだろう。
しかし最近になって安い価格の国産のカートリッジ,リフィルインク,再生インク,リサイクルトナーなどの市場占有率が高くなる傾向で、これを通じてこれらリサイクルトナー製品らが価格に比べて安いながらも優秀な品質であることが確認されているのは鼓舞的な現象といえます。
これはプリンタ製造会社が指向する高価の消耗品販売政策による自然発生的消費者購買パターンの変化で多くの消費者らが積極的であり能動的に代替商品らを選択していることで解説することができるし、このような条件を勘案して未来市場を予測するならば今後国内リフィル、リサイクルトナー市場占有率もまた先進国のリフィル市場占有率50〜60%水準に着実に拡大会をことで展望できます。

昨年まで国内に販売されたプリンタは1千万台、今年にはプリンタ コピー機スキャナー機能を整えた複合機とデジタルカメラ ポグベタルンフォトプリンタの低価格普及に力づけられて2百60万台がさらに売れる展望でプリンタ インク市場規模もまた昨年すでに4千億円を越えたという。IDCなど市場調査機関によれば去る99年全体、全体930万個のインク カートリッジ中25%程度の380万ヶがリフィル製品リサイクルトナーであったし昨年には1320万ヶ中430万ヶでその比率が30%にインク補充、リサイクルトナーなどの拡散に力づけられて増加傾向が続くものと見られる。現代政府で推進している資源節約とリサイクル促進のための指針等に歩調をそろえてインクおよび廃棄トナーカートリッジをリサイクルするということによって経費を節減、および私たちの自然と環境保護に先に立つ事業で不況に関係ない成長が期待される。

Last update:2017/1/13